骨盤矯正でダイエットをしよう!下半身太りの人は…。

2018年11月26日

骨盤矯正でダイエット

 

骨盤矯正という名前を聞くようになったのは、下半身だけでなく全体のダイエットに効くといわれるからです。骨盤が歪んでいると特に影響するのは下半身です。

骨盤が歪み内臓が下がってくると子宮を圧迫します。そして圧迫されていると、血行が悪くなってしまい生理不順なを引き起こします。

 

そして内臓も圧迫されていますので、便秘がちにもなってしまいます。

このように圧迫されるとその下にある足にも血行が悪くなり下半身太りにつながってしまいます。

 

ダイエットの基本は血行を良くし代謝を上げることですが、

骨盤が歪んでしまうとこのように代謝が悪くなってしまうのです。

 

逆に考えると骨盤の歪みを正しく戻してやることで、

下半身のダイエットが出来るということにつながりますよね。

 

そこで骨盤矯正ダイエットというものが注目されたのです。

ダイエットだけでなく体を正しい状態に戻すことで、体調もよくなります。

いいことづくめのダイエットではないでしょうか。

 

骨盤の歪みには4つの種類があります。

まず骨盤が広がったタイプ。このタイプは下腹や腰周辺に脂肪が付きます。

 

そして骨盤が広がったことにより、内臓機能も低下してしまうので便秘やひどい生理痛の原因ともなります。

次に骨盤全体が前に捩じれるように歪んだタイプです。おしりの下やふとももに脂肪が付きやすくなります。

ヘルニアなどの原因にもなってしまうことも。

 

左右が捩じれているタイプは左右のおしりの大きさや形に違いが出てしまいます。

そして猫背の人の骨盤ですが、後ろに捩じれるように骨盤が歪みます。

腰やお尻の上部、脇腹に脂肪が付きやすくなります。

 

自分の脂肪の付き方はどうでしょうか?骨盤が歪んでいるかもしれませんよ。

自分はどのタイプか見て骨盤矯正ダイエットを考えてみませんか。

骨盤矯正で下半身ダイエット方法

普段の生活で少し気をつけるだけでも骨盤の歪まないように下半身ダイエットはできますが、下半身にお肉がついてきてなんとかしたいと本格的にダイエットをしたいという人には、少々お金もかかりますが整体やカイロプラクティックに通って歪んだ骨盤を直してもらう方法もよいと思います。

 

選ぶときは実績のある信頼できる所を選びましょう。

 

産後に下半身が気になり整体に通う人もいますが、産後半年は元に戻ろうとする自然な力が働くので

半年は自然に任せておきましょう。ある程度体重も戻ってくるはずです。

 

だけどその後は自然の力は止まってしまいます。

ですので産後は3か月から半年くらいのタイミングで骨盤矯正を行うのが良いと思います。

 

骨盤矯正で下半身ダイエットをするためにピラティスに通う人もいます。

ピラティスというのはヨガのようなエクササイズのことなんですが、最近女性の間で人気となっています。

 

体に負担をかけずに行えるエクササイズなので、無理せず骨盤を強制することが出来ます。

 

ピラティスというのはインナーマッスルを鍛える方法なので、血行が良くなったりと自然な代謝も向上します。

代謝の向上はダイエットにとても大事なことでもあります。

 

これらのほかにも自宅でできる骨盤矯正のストレッチというのもあります。

自分ができる方法で骨盤矯正をしながら下半身ダイエットを行ってみてはいかがでしょうか。